HOME>記事一覧>教師のレベルを知るためには資格があるのかと言う判断を

講師選びが重要

外国人と接する機会が増えていることから必然的に英会話を学ぶことになった人や、他人が上手図に英語を話すのを見ていて自分話せるようになりたいと考え、英会話教室に通う人が多くなりました。英語嫌いな日本人が積極的に英会話を学ぶことは、とても良い習慣になって来たと思われます。しかし英語を学ぶにあたっては簡単に覚えることが出来るものではなく、それなりの覚悟も必要になって来ます。英語をしっかり覚えるためには、本人の努力も大事ですが、教える方の素質も大事なことになります。そのため英会話教室選びは無料体験レッスンを受けることも必要ですが、いろいろな講師を比較することも必要なことです。

教える資格があります

英会話教室がいくら人気の教室であっても、実際に英会話を教えることになる講師の実力が低くてはいけません。経験豊富で多くの生徒さんから信頼される講師から学びたいものですが、その判断は自分で出来ないことが多く非常に難しいものと思われます。そこで確認しておきたいことに外国人講師がつく時には、TESOL資格があるのかどうかの確認で比較が出来ることになります。

英語が上達するためには

TEOSLとは英語が母国語でない人のための英語教授法で、英語を教える資格があると判断されるものです。つまりこの資格を持っている人が講師の資格を持つレベルにあると考え、持っていない人はアルバイトレベルと考えて良いのでしょう。講師を比較することも英会話が上達する方法に繋がると覚えておくべきで、英会話教室探しの基本でもあります。

広告募集中